メニュー

全天球パノラマ写真VRサービス


全天球パノラマ写真VRとは

全天球パノラマVRイメージ図
全天球パノラマVRとは、全天球カメラ(ぜんてんきゅうカメラ)等の上下左右全方位の360度を撮れる撮影装置を利用して撮影した360度パノラマ写真、または、高精細カメラで撮影した複数の写真を繋ぎ合わせるよう特殊加工した高精細360度パノラマ写真を利用してWEB上で閲覧者に上下左右360度の写真を閲覧させることができるサービスです。

また、VRモードも対応しておりVRデバイスを利用することで、実際にその場所に居るような感覚で全天球写真の場所を疑似体験することができます。

全天球パノラマVRのビジネス活用

商業施設、観光・レジャー施設、宿泊施設など様々な環境で、屋内も屋外もまるでそこに居るかのように疑似体験することができるので、閲覧者の興味を引き立て、来客率や予約率向上などに繋がります。

地上全天球パノラマ写真VR

地上全天球パノラマVRイメージ図
地上全天球パノラマVRでは、主に施設の外観や施設内の案内などに適しており、どんな場所なのか、どういった環境でサービスが行われるかといった状況を閲覧者に360度見せることで、具体的に想像させることができます。


空中全天球パノラマ写真VR

空中全天球パノラマVRイメージ図
空中全天球パノラマVRは、ドローンを利用した上空からの360度パノラマ写真を撮影します。
主に観光名所などの紹介や、施設の場所の案内などに適しております。

また、ドローンでの撮影のため、簡単には見ることができない上空からの景色や、絶壁の外からの景色などの絶景を360度見渡すことができます。 写真は、高画質で撮影しておりますので拡大してもきれいに見ることが可能です。

全天球パノラマ写真のVR事例案内

サイト上での埋め込み事例と、サムネイル表示のクリックからのフルスクリーンで表示せる場合の事例を紹介します。

VRのサイト上での埋め込み事例

サイト上で以下のように埋め込み表示することができます。

神威岬の空撮事例


サムネイル表示での全天球パノラマ写真VR事例紹介

サムネイル表示での事例イメージ図
閲覧させる全天球パノラマVRの説明をサムネイル写真の横などに記載し、閲覧させる前にどういった写真なのかをご案内することができます。
また、埋め込み表示と違い、サムネイルをクリック後に最初からフルスクリーンで表示させることで強い印象を与えることもできます。


基準価格表

Googleストリートビュー撮影基本料金

現在、基準料金表を作成中です。
基準料金表は、目安であり、実際には見積りとなります。
現在、キャンペーン中につき、お問合せフォーム又は見積りフォームからご連絡をお願いいたします。

なお、VRツアーのご利用は、全天球写真の撮影とコンテンツ作成の初期費用とVRツアーシステム(クラウドシステム)の月利用料がかかります。
費用は、以下の項目において初期費用と月の利用料が異なります。
また、弊社のGoogleストリートビューの撮影・登録、ドローン空撮、ホームページ作成サービスをご利用の場合には、割引価格となります。

1.初期費
(1)VRツアーの「地上」と「地上・空中連動」種別
(2)撮影エリアの規模
(3)全天球写真の撮影・加工処理件数

2.月利用料
(1)全天球写真の件数
(2)データのサーバ容量


お問合わせ・お見積り

全天球パノラマVRについてお問い合わせの場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。


弊社の全天球パノラマ写真によるVRサービス

弊社では、全天球パノラマ写真を利用したサービスとして、弊社独自のVRツアーシステムによるVRツアー制作と米国Google社の提供するGoogleストリートビュー撮影・登録サービスを行っております。
どちらのサービスも、全天球パノラマ写真を利用する点では、同じですが機能・サービス提供方法において以下のような相違があります。

Googleストリートビュー

シーン同士をリンクさせる際、間に障害物がなく開けていなければ登録することができません(すり抜け禁止)。
撮影間隔も3m以内に収める必要があり、それによって空間の中を歩いているような臨場感のある移動を可能にしています。
またサービス自体が無料で、自分でサーバーを用意する必要も無いためランニングコストが掛からないというメリットがあります。
Googleのキーワード検索、地図検索、ストリートビューアプリなどストリートビューにアクセスする手段が多いため見てもらうためのチャンスもそのぶん広がると言えます。

デメリットとしては、撮影間隔の短さとすり抜け禁止のルールにより必要な撮影ポイントが多くなってしまう事が挙げられます。
撮影に掛かるコストがそれだけ必要になり、また閲覧の際にも小刻みに移動する必要があるため移動に時間が掛かる事も考えられます。
移動に時間がかかりすぎると、途中でページから離脱されてしまうリスクも高くなります。

VRツアーシステム

ストリートビューと違い撮影間隔やシーン同士のリンクに制約が無いため、必要なポイントだけを撮影してツアーを組む事で撮影コストを下げる事ができます。
さらに、ツアーの中に他の画像や動画、テキストなどを挿入したり、他のHPへのリンクを埋め込んだり、自由度の高いオリジナルコンテンツを作る事が可能です。

デメリットとしては、Googleストリートビューに比べてアクセスの誘導がしにくいという点があります。

360°VR撮影の対応エリア


日帰り対応エリア(要日程調整)

札幌市、小樽市、室蘭市、旭川市、夕張市、岩見沢市、留萌市、苫小牧市、美唄市、芦別市、江別市、赤平市、三笠市、千歳市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、富良野市、登別市、恵庭市、伊達市、北広島市、石狩市

ほか札幌市より150km圏内


その他エリア

空撮を実施する季節や時間にもよりますが、基本的には2日間以上で日程調整いたします。
日帰り対応エリア外でも一部日帰り対応可能な場合がございますので、詳しくはお問合せください。

函館市、釧路市、帯広市、北見市、網走市、稚内市、紋別市、士別市、名寄市、根室市、北斗市

ほか札幌市より150km圏外