メニュー



VRツアーシステムの主な機能

  • MAP連動

    Google Mapをはじめとする地理情報システム(GIS)に対応。VRで見ている地点がリアルタイムで地図上に表示され、快適なVRツアーが楽しめます。

  • ブラウザ用VRビューアー

    端末ごとにインストールが必要な専用ビューアではなく、ブラウザ上で動作するビューアを採用。ほとんどの端末ですぐにVRコンテンツを表示できます。

  • 動画・リンク等のメディア埋め込み機能

    見るだけのVRではなく、動画やホームページ等のメディアをVRコンテンツに埋め込むことで、より詳しく見る、知りたい情報を調べるといったアクションが可能です。

  • パソコン・タブレット・スマートフォン・VRゴーグル等マルチデバイス対応

    マルチデバイスに標準で対応し、PC、スマホ、タブレットから簡単にアクセス可能です。また、VRゴーグルにも対応し、臨場感のあるツアーが楽しめます。

  • VRツアーのアクセス解析機能

    GoogleアナリティクスIDを設定して、ツアーごとにユーザーのアクセス情報や利用状況を取得できます。これによりCVRを効率的にアップすることが可能です。

  • Facebook、Twitter、LINE等SNS共有機能

    Facebook、Twitter、LINE(スマートフォンのみ)による共有機能が使えます。



北海道のGoogleストリートビューの撮影・登録事例